TOP » その他・関連情報2 » 前屈姿勢について

前屈姿勢について


椎間板ヘルニアは前屈姿勢によって、症状が悪化するという大きな特徴があります。もし発症していれば、痛みの度合いにも個人差はありますが、足がつるような痛みを伴って、前屈ができないというケースがほとんどです。

一般に前屈姿勢によって腰が痛むという場合、骨の異常や筋肉のこわばり、または骨盤のズレなども影響していることが多いですが、ほとんどは日常生活の悪い姿勢や動作の積み重ねが原因です。

また、椎間板ヘルニアでもこのことは言えます。姿勢が悪化して背骨に大きな負担がかかるようになり、徐々に椎間板ヘルニアを発症する可能性が高まります。

朝洗顔をする場合にちょっとかがんでも痛むという場合は、自分がどのような生活姿勢をとっているかよく注意しなければなりません。

これらの原因となる生活習慣は、一般的に考えても多岐に渡ります。できれば見つけ出して改善することが望ましいです。あらゆる姿勢を矯正していくことでも改善は可能です。

もちろん痛みが激しい場合は、早急に精密な検査などを受けて治療を行わなければなりません。

また前屈で腰が痛むことが気になっている場合は、腰椎周りの筋力アップをすることも大切です。背筋や腹筋は天然のコルセットとも言われますが、コルセットとしてのある程度の筋力は常に必要なものです。

また、腰椎周りを筋力をアップさせることで、それまで以上に腰に負担のかからない仕事をすることができるようになります。

また、椎間板ヘルニアのチェック方法として、前屈以外にはまっすぐ立って背骨が曲がっていないかどうかを確認することも有効です。

もしも背骨が左右に曲がっているのであれば、椎間板ヘルニアの可能性はとても高いと言えます。またつま先で立てるかどうか、そしてかかとで立てるかもよい目安です。

椎間板ヘルニアの方はうまく立てない、すぐによろけてしまうというケースがほとんどです。椎間板ヘルニアは早期治療が完治させる大きなポイントなりますので、疑いがある場合はすぐに専門機関で受診することをお薦め致します。

中川式腰痛治療法