TOP » その他・関連情報2 » ゴルフについて

ゴルフを行う時の注意点


椎間板ヘルニアは腰痛の中でも最も多い病気と言われています。また、スポーツ選手にもかかる方が多い病状です。

腰椎の間にあるクッションの役目をする椎間板は、例えばゴルフでのスイングをする際、一瞬の強い力によってはみ出るようなリアクションをします。

つまりこのことを繰り返すことによって、椎間板ヘルニアを発症する確立は徐々に増えてきます。しかし、よく柔軟をした上でするのであれば、さほど無理をしなければ椎間板ヘルニアを発症する可能性は大分低くなります。

逆に体が硬く柔軟性が無い状態でゴルフをすると、可能性はプレイを重ねるうちにだんだんと高くなっていってしまうでしょう。特に他のスポーツをしないで、硬い部位が多いという方は要注意です。

上手くなるためには色々なスポーツをして鍛えると言いますが、体全体を鍛え、柔軟性を得るために必要なことでもあります。ゴルフは腰の部位ばかりでなく首なども痛めやすいスポーツですので、特にアマチュアの方は注意が必要でしょう。

スイングの時に腰を過度に捻ってしまうことが最も大きな原因です。プロの方でも椎間板ヘルニアになったという話をよく聞きますが、上手い方は腰を捻る動作を減らすようにすることも可能なようです。

過度の捻りや反りを避けるためには、特に腰に捻りを加えることで飛距離だけを伸ばそうとするようなことは避けるべきでしょう。

腰から下の部分で発生した力を身体のバランスを保ちながら上肢に伝えるためには、特に体幹の軸を安定させる必要があります。

また、この結果として、コントロールがよくなるということも言えます。飛距離を伸ばしたいためだけに続けるよりも、スコアを伸ばすことに専念すれば、自然と椎間板ヘルニアになる確率も下がってくるでしょう。

どんなスポーツでも覚えたての時には、特に腰痛は起こしやすいものです。基本を覚え、体に無理をかけないようになるまでは、特に注意が必要といえるでしょう。

中川式腰痛治療法