TOP » その他・関連情報2 » ドライブ時の姿勢

ドライブ時の姿勢


椎間板ヘルニアの人が気をつけなければならないのが姿勢の悪化です。利便性を追い求めた結果ともいえる現代の生活習慣病の全般に言えることでもあります。

また、椎間板ヘルニアになりやすい、姿勢が悪化しやすい職業として、パソコンを多用するデスクワークと、ドライバー職があります。

パソコンを多用すると、どうしても猫背気味になりがちです。この猫背が椎間板ヘルニアの発症を促しやすいので、椅子の座り方をきちんと決めておくことが大切です。

ビジネスマンの方はどのような場合でもまず椅子に座りますので、ある程度正しい座り方をするのはマナーとも言えますが、マナーを正しく守っていても間違った座位を取っている方が多くいます。

間違った座位は確実に椎間板ヘルニアを発症させます。その日、その日にかかる負荷は対したことありませんが、これが数ヶ月と続いていくうちに、腰椎にはかなりのストレスが溜まっていきます。

そして、そのストレスに耐え切れなくなった時、椎間板ヘルニアをいきなり発症します。ですので、普段何気なく取っている座位には注意を払い、気を付けなくてはなりません。

またもう1つのドライブ時の姿勢については、長距離ドライバーには特に慎重な対応が必要です。基本的には椅子に座る場合の方法を適切に用いることとも言われます。

また膝が股関節よりもちょっとだけ高い位置にくるようにするためには車のシートを前方に進めたり、ハンドルとの距離も適切に測ることが必要です。

運転に支障が出ない範囲で姿勢を正すのは、やはり容易ではありません。また疲れてくると姿勢をちょっと変える、運転の手際をよくするために位置を変えるという場合もありますので、その時々に最適な姿勢を意識しなければなりません。

またドライブに入る前、そして運転し終わった後の座席からの離れ方にもコツがあります。まず運転座席につく場合は、横向きで臀部から入ること、その次に足を入れてしっかりと前を向くこと、の2つが基本です。

そして座席から離れる際は、まず車をしっかりと停止させてから横向きで足から外に出し、ゆっくりと立ち上がるようにするのがコツです。

特に座席に浅く座ったりハンドルとの距離が極端に長い、という場合は要注意です。また長距離運転の方も注意していることが、2時間程度運転をしていたら途中で休むことです。

高速道路にも休憩用のエリアがありますし、ドライブインでももちろん構いません。駐車していてももちろん乗っていれば減点にはなりません。

このような少しの気遣いは体にもとても良いことですし、何より椎間板ヘルニアの発症を予防するためには必要なことなのです。

椎間板ヘルニアを発症してからでは遅いですので、仕事がいくら忙しくてもこの位の体における配慮はするように心掛けてみてください。

中川式腰痛治療法