TOP » その他・関連情報2 » 便秘について

便秘について


症状としては、痛みやしびれ、などが主なものですが、便秘も椎間板ヘルニアが原因というケースがあります。

排便が無いというばかりでなく、便の形が通常のものとは異なる場合や、少ない場合、排便時に肛門が痛んだり、力を入れないと出ないという場合もこのように判断されます。

このことから今まで自覚がなく、診断を受けることで初めて自覚される方も多いようですが、椎間板ヘルニアが原因だとはまさか思わなかったという方も多いでしょう。とはいえ、必ずしも直接の原因ではないという場合も多くあります。

精神的なストレスからくるものだったり、痛みであまり体を使わず、運動不足になれば便秘がちになってもおかしくありません。また、坐骨神経痛の症状が起こった場合、臀部や太股などに鋭い痛みを起こします。

もしこれらの神経症状がなく、腰の痛みが繰り返すという場合ではそれほど椎間板ヘルニアを心配する必要はありません。

あるいは椎間板ヘルニアのごく初期の症状かもしれませんので、出来れば病院で検査を受けることが望ましいと思われます。

今ではMRIなどの画像検査をすることで、ごく小さな椎間板ヘルニアでも簡単に特定することが可能です。これと対象的なのが下痢ですが、下痢も腰の痛みが原因となることが多くあります。

またストレスによる場合ももちろん多いと思います。腰の状態というのは負荷をかけていれば毎日変化しています。そして、ある日には下痢になり、またある日には何の症状もないという方も多くいらっしゃいます。

病院で検査を受ける際に、症状を診てもらうついでに、便の形や出方などによってどのような症状になるものなのかを聞くことも治療に役立ちます。

便秘は病気ではありませんが、病気のサイン、兆候としてはまさに正解といっていいと思います。また特に食生活の変化が原因である場合も多いですので、その他の日常生活の変化を含め、良くチェックしておくことが必要です。

中川式腰痛治療法