TOP » その他・関連情報2 » 姿勢を良くするコツ

姿勢を良くするコツ


椎間板ヘルニアの原因として考えられることは色々ありますが、その中でも代表的といえるものが姿勢の悪さです。

特にデスクワークをしたり長時間パソコンを打つという方は、座っている時間が長いものですが、腰は立っている時よりも、座っているときのほうが負荷が大きくなります。

また、そのような仕事をする方に限って姿勢の悪さが顕著です。さらに、筋肉が弱まってくることで一瞬でぎっくり腰などになる確率も高くなってしまいます。

椅子などに座る際によく、踵を地面につけておくほうがいいということを聞きます。踵ではなく足先などで支えようとしても無理があるため、その分、腰や太股への負荷が大きくなります。

また、人間の背骨のS字を描いていることから考えると、直立した状態、つまり真っ直ぐに正している時は、あまり腰には良くありません。そして、椎間板ヘルニアになりやすい体にもなってしまいます。

人間の描くS字カーブにはきちんとした意味があり、地面からの突き上げや上からの衝撃を最大限に吸収出来るよう、人間の体はS字構造に出来ています。

ですので、このS字カーブが保てていない人は、必ず体に悪影響を及ぼしていきますし、椎間板ヘルニアを発症しやすい体とも言えます。


そして、体の不調の症状は必ず下から上に向けて出てきます。膝、腰、背中(側弯症)、肩、首の順です。複数の症状をお持ちの方は、このS字カーブを保てないがために、腰と首、膝と肩などの痛みが出でいるのです。

もし、このような症状をお持ちの方は、まずは痛みを取ることよりも、体のバランスを整える方が優先となります。

人間にとってベストな姿勢とは、今お話ししたS字カーブです。ですので、正しいS字カーブを保つということは、筋肉のバランスを高めることにも繋がります。

そして、全身の筋肉のバランスを良くすれば、その分骨にかかる負担は減り、椎間板ヘルニアも解消し、気持ち良く過ごすことが出来るようになってきます。

また、S字カーブだけを出来るだけ保つためには日頃の生活習慣がとても大切になってきます。最も効果的なキーワードは、同じ姿勢を長時間取らないということです。

よく姿勢を変えずに長時間集中されている方を見かけますが、この場合、特に肥満気味という方は、常に体に負担をかけていますので、椎間板ヘルニアになりやすいと言えます。

自分が次にどのような姿勢をとるか予測できない、というような自然な感じがもっともいいと思われます。

もちろん極端な変化をさせることは無理をしているとしか思えませんので、自分のテリトリーをしっかりと事前に把握しておくことは必須になってきます。

中川式腰痛治療法