TOP » ニュース/トッピクス

ニュース/トッピクス

お薦めサイト情報

高血圧の治療方法
高血圧をどのようにして治療してよいか悩んでいる方は、こちらの治療方法を参考にしてみてください。

車売るための具体的な方法を元レーサーが教えます
車を高く売る秘訣を元レーサーが教えています。

生姜のことなら黄金の里
【黄金の里】国産生姜専門!高知産しょうが・しょうが粉末・にんにく・ゆず。

椎間板ヘルニアの保険適用について

椎間板ヘルニアはストレッチや筋力トレーニングをしたり安静にして過ごすことで回復させる保存治療でおよそ8割の患者が治療できますが、残念ながら残りは外科手術により治療することになります。もし外科手術を受けるとき気になるのが治療費。方法は色々あるけれど一帯どのくらいお金が必要なのか気になる方は多いかと思います。そんな方には嬉しいお知らせです。

椎間板ヘルニアの治療のほとんどには保険が適用されます。保険が適用される術式は背中を切開して髄核を削り取るLOVE法、視鏡視下術(MED法)、顕微鏡視下術(MD法)、経皮的髄核摘出術(PN法)、椎弓切除術、固定術があり、これらは健康保険を適用することで費用の7割を免除してくれます。さらに高額医療制度を利用すれば治療費のいくらかはこちらに戻ってくるので、自己負担分はかなり減らすことが出来ます。

ただしいくらか注意したいのは健康保険が適用されるのはあくまで医療費のみであり、その後の入院費用やコルセットや血圧計などの医療器具の費用はこちらで支払わなければなりません。入院費用は各医療機関それぞれで変わってくるので具体的な数字は出せませんが、過去データによると2週間から1ヶ月の入院でおよそ10万円から25万円ほど掛かるそうです。当然ですが入院期間が長引けばそれだけ入院費もかさむので、術式を選択するときは入院期間も念頭に入れてプランを組み立てるようにしましょう。

それと高額医療制度は自分で申請しなければいけないので手続きのし忘れにも注意が必要です。椎間板ヘルニアの手術のほとんどは健康保険が適用されますが、最近注目されているレーザー治療は保険が適用されません。高額医療制度も同じく適用されないので、治療費がかなり掛かってしまいます。病院にもよりますが40万円以上掛かるところもあるそうなので、レーザー治療を受けたい方はそれなりの予算を用意しておきましょう。