TOP » 新着情報バックナンバー

新着情報バックナンバー

お薦めサイト情報

降圧剤を飲まなくても血圧を下げることはできます
降圧剤は使い過ぎると体に毒ですので、出来るだけ使わないことをお薦め致します。

ボクサー犬のしつけ方.com
まずは当サイトをご覧いただき、ボクサーの正しいしつけ方法や飼い方について学んで頂けたらと思います。

犬のしつけでお悩みの方のためのサイト
犬のしつけで手を焼いている方は一度こちらのサイトをご覧になってみてください。きっとあなたのお悩みは解決できるはずです。

椎間板ヘルニアと腰痛ベルト

椎間板ヘルニアの腰痛症状を改善するためには、コルセットやベルトを使用するのが一般に推奨されます。腰まわりの装具としてはコルセットや腰痛ベルト、骨盤ベルトなどがありますが、それぞれに種類も様々です。最近はまた、整形外科などの病院で開発したような腰痛ベルトも多くなっています。腰痛でもぎっくり腰でも、椎間板ヘルニアでも、腰の痛みを緩和させるために患者さんの状況に合わせて選択することができます。

例えばバックインパクトタイプというものがありますが、これは腰に関連の深い筋肉だけをつかむような構造をしていて、腹部の圧迫感や運動制限をほとんど感じないで用いることが可能です。従来のコルセット、病院で処方する硬質のものとはかなり違うものです。

また寝ている間でも非常に楽な姿勢を維持できるものもあります。寝相が悪かったり、寝ると冷えが大きくなるなどにタイプにお勧めです。いわゆる腹巻タイプのベルトですが、就寝中でも筋肉をサポートするため違和感なく眠ることができます。他にもバランスコントロール用のものがあり、骨盤を矯正する効果もあります。関節のズレを治すことで椎間板ヘルニアの症状の改善にも期待できます。

腰痛ベルトといえばあまり長期間使用しないほうがいい、という一般的な意見があります。ですのでこのような種類の腰痛ベルトを多用するのがよい方法です。もちろんある程度は締め付けもありますので、時と場合に応じて使い分け、痛みが無くても存在感に頼ってしまうようなことは無いようにしなければなりません。

腰痛ベルトの副作用は筋肉の運動が少なくなることです。またこのことで腰も背中も筋肉が落ちてきて、脊椎の歪みをより大きくしてしまいがちです。腰痛ベルトが不要であれば積極的に運動をしていくのが大切です。水中でのウォーキングなどを多用している方が多くいます。また水泳はできなくても、入浴後に10分程度のストレッチをすることは欠かさずに行うようにしましょう。