TOP » 病院について » 検査について

検査について


整形外科での椎間板ヘルニアの診断では、主に画像検査を行うと思っていらっしゃる方は多いと思います。しかし、これだけでは症状は確定されません。症状の詳細、事故の有無、現在の病気の有無などについて看護師さんとの問診が行われますが、その他にも理学的な検査が行われます。

例として、神経学的所見は下肢伸展挙上試験の陽性や膝蓋腱反射の消失などをチェックします。これらの結果を踏まえて、確定診断に繋がる画像を見た結果との照合をすることで、初めて椎間板ヘルニアかどうかが分かります。

もっとも基本的な画像診断は、MRI(核磁気共鳴画像法)です。MRIはいわゆるCTスキャンと呼ばれる方法と同様に体の断面図をとるものです。しかしその結果はCTとは全く異なり、CTでは得られない情報を得ることができます。

また、硬膜外造影というものがあります。この方法は、背骨の下部にある仙骨の仙骨裂孔から造影剤を注入して、レントゲン撮影をするものですが、腰の部分に注射をするため痛みを伴います。

また、MRIで椎間板ヘルニアと診断された場合でも、詳細な治療方針を決定する目的から脊髄造影と呼ばれる検査をすることがあります。こちらはヨード形の造影剤液体を脊髄腔に注入し、レントゲン撮影をするものです。

椎間板ヘルニアかどうか判断する方法として、自己診断もあります。まず、脚にも痛みやしびれがあるかどうか、というのは重要なポイントです。これは椎間板ヘルニアの特徴的な症状である坐骨神経痛の有無を判断するために有効です。

椎間板ヘルニアが圧迫する神経は、脚へと繋がっているため、特に臀部から太股にかけての痛みは顕著です。

ほとんどの方がまず整形外科で受診します。その他にも整体院などで見てもらう場合もありますが、詳細をチェックするために病院を紹介されることも多く行われているようです。

中川式腰痛治療法