TOP » 病院について » レントゲンとは

レントゲンとは


椎間板ヘルニアの疑いがある場合、まず問診や理学チェックを行い、その症状が椎症例に合っているかどうかを確認します。そしてその後、症状を確定するために画像検査をします。

画像検査では主に、レントゲン、MRI、CTなどを使用しますが、レントゲンでは骨しか撮影出来ないため、飛び出して神経を圧迫している状態などは写りません。

しかし、骨である椎体は写りますので、場合によっては腰椎の間が極端に狭い症状などは分かる場合もあります。他の椎間板に比べて推移して、極端に狭くなっている場合は椎間板ヘルニアの疑いは強くなるでしょう。

レントゲンでは、骨に含まれるカルシウム量がコントラストとして写し出されますが、診断する上で何か異常が見つかるかもしれない、というようなレベルの期待の上で撮影されるに過ぎないと考えて間違いないでしょう。

そして、正確に診断するために欠かせないものと考えられているのが、MRI検査です。これによって、椎間板ヘルニアの有無、進行度合いや痛み、しびれの原因となっている神経の圧迫の様子などまでが鮮明な画像として見ることができます。

MRIは、身体の組織に含まれる水素分子の変化を、磁気によって測定してコンピュータで画像処理した結果です。時間はかかりますが、専用装置の上で寝ているだけで処置でき、痛みも全くありません。

CT検査では体を輪切りにした映像しか見ることはできませんが、MRIでは色々な思い通りの方向から見ることができます。このため、椎間板ヘルニアのような微妙な違いを把握することが特に重要な検査方法としては特に役に立つ方法です。

撮影してあまり効果がなかったという場合でも、後になってまた撮影するというケースは多くあります。

特に骨のバランスが悪くなったりする可能性があるという場合、x線撮影は比較的スムーズに撮影することができて、非常に便利な手段となり得ます。

中川式腰痛治療法