TOP » 病院について » 画像について

画像について


椎間板ヘルニアの疑いがある場合、問診や臨床症状、理学検査などによっておおよその診断はつきますが、患部の部位や程度を把握し、症状を確定するためには必須です。

また多くの病院では、診断としてCT検査とMRI検査を組み合わせて使用されます。最初にCT検査をして部位を確認します。

その後、MRI検査をして脊髄の状態をチェックし、圧迫の程度を診断しています。CT検査では、広い範囲を撮影することが可能ですが、100パーセントの診断することはできません。

しかし、MRI検査によって、ほぼ100パーセントの確率で診断が可能と言われています。また、脊髄軟化症の可能性など、椎間板ヘルニア以外の鑑別方法としても有用です。

しかしながらMRIでは、一度で撮影することのできる範囲が限られていますので、撮影に時間がかかるという短所もあります。このことから、CTとMRIを併用して、その組み合わせの参照を上手くすることが必要にもなってきます。

腰へのMRI撮影の結果、単に椎間板が突出しているということが分かったというだけでは問題はない場合もあるようです。つまり症状のない方でもMRI等を検査すればよくあることのようです。このようにMRIは椎間板ヘルニアの診断としてきわめて有用です。

また、侵襲性がゼロで、結果を見るだけで簡単に把握できますが、激痛を伴うため、症状によっては撮影が出来るまで待たなければならないような場合もあるでしょう。

その他の診断として、X線レントゲンがあります。この方法では、椎間板ヘルニアそのものは写らないですが、脊椎の骨性の変化を見るのには有用です。

またミエログラフィーは、造影剤を硬膜内に注入して神経の圧迫の程度を見る方法です。MRIの普及によって使用頻度が減ったものですが、CT検査とあわせて使用される場合も多々あるようです。

中川式腰痛治療法