TOP » 病院について » 薬について

薬について


椎間板ヘルニアの保存療法の1つが、薬物療法です。薬を内服する方法ですので、どんな病気にも付き物、というイメージがあり、比較的専念しやすい方法です。

主なものとしては、消炎鎮痛剤や非ステロイド性抗炎症薬、筋弛緩薬などがあります。また、湿布等を用いて、除痛を図ることもしばしばです。

これらの中で、もっとも多く用いられるものは消炎鎮痛剤です。内服薬、座薬、外用剤などの種類があり、一時的に痛みを取り除く効果があるものと、慢性期によく用いられる、長時間の効き目があるものがあります。

消炎鎮痛剤で注意するべきことは、消化管障害などの副作用が生じやすいことです。出来るだけ食後に服用して、消化器系が弱い人であれば粘膜保護剤との併用が推奨されます。

筋弛緩剤は筋肉の緊張やこわばりを和らげる効果を持ちます。また一時的に痛みを和げる効果もあります。鎮静作用が強いため、眠気が強いなどの場合、運転を控え、また飲むタイミングをコントロールする必要があるでしょう。

その他、症状によっては、沈痛解熱剤や非ステロイド性抗炎症剤、抗けいれん剤、ビタミン剤、血管拡張剤等も使用されます。また、漢方を処方するような病院もあるようです。

抗不安剤は痛みが慢性化してから長く、治まる頻度が低い状態になったり、心的因子やストレスも関与しているという状況で、不安や緊張の緩和を目的として投与されることがあります。

抗不安作用の他には、鎮静作用、筋緊張緩和作用、抗うつ作用、自律神経安定作用もあります。椎間板ヘルニアでは、急性期で症状が強い場合には、多少の胃腸障害や外見上のむくみなどの副作用があったとして、短期間であれば効き目の強いものを服用しても仕方がないでしょう。

また、椎間板ヘルニアの慢性期や症状がそれほど強くない場合には、効き目は弱く、また副作用が少ないものを服用するとよいでしょう。椎間板ヘルニアにはトレーニングも必要です。ひとつの方法ばかりに頼らないようにすることが大切です。

中川式腰痛治療法