TOP » 病院について » 保険について

保険について


椎間板ヘルニアの治療費については、基本的には社会保険を適用することが可能です。また、多くの方が気になるのが手術や入院時の費用ですが、実質的な費用としては20万円程度が相場で、後日、その7割程度が返ってくることになるでしょう。

また、椎間板ヘルニアの手術後、自宅で静養しなければならないケースがほとんどですが、約2週間程度が平均の期間でしょう。保険が利かない種類の椎間板ヘルニア手術法として、レーザー治療があげられます。

レーザー治療では、椎間板ヘルニア1部位につき、約20万円程度が相場です。これは保険の割引が適用出来ませんが、入院費用が不要です。つまり、日帰り出来るものとして注目されています。

しかし、全ての椎間板ヘルニアに有効というわけではありません。巨大化して重度の障害を持っている患者さんであれば、整形外科での従来の方法を適用となるのが常でしょう。

また、民間で加入していたものが適用となるケースもあるでしょう。例えば、バイクなどでの追突事故にあわれた方であれば、事故から数週間以内であれば費用が下りる可能性があるでしょう。

しかし、事故から数ヶ月も経ったという場合では症状が悪化していてもその因果関係はほぼ無いと扱われることが多いので気を付けてください。あるいは手術も必要となるケースですから、後遺障害の認定級が高くなる可能性もあります。

場合によっては数百万円の支払いがされるケースもあるようです。判断がつかないケースもありますので、その場合は弁護士に相談しなければならないと判断される場合もあります。病院での入院については、部屋代や食事というものは適用外です。

また、治療費は注射や画像、理学的な処方などとても細かい内容に分かれていますので、入院の際のオプションを選択する場合にはよく見積もりに目を通しておくとよいでしょう。その他、高額医療費の申請が可能ですので、退院後には忘れずに申請するようにしてください。

中川式腰痛治療法