TOP » 病院について » 診断について

診断について


椎間板ヘルニアの診断においては、まず問診や理学診断を行って、椎間板ヘルニアの特徴的な症状が既に現れているかをチェックします。この他にも食生活や普段の姿勢の状態など、色々な角度からの検査を受けます。

そしてその決め手になるのが、画像です。画像では、レントゲンやCT、MRIなどを主に使用します。レントゲンでは骨しか分からないのですが、椎間板の部位が小さくなったりという兆候は分かります。

またMRIでは非常に鮮明に神経の圧迫までが分かりますが、比較的時間がかかってしまいますので、CTの結果と併用してチェックすることが多くなります。

理学診断でチェックされる項目としては、椎間板ヘルニアの代表的な症状である、片側の下肢の痛みやしびれ、せきやくしゃみでも下肢に激痛が起こるという症状、腰の痛み、感覚障害、冷感、筋力低下などです。

また症状が過度に進行してしまった場合に多い、インポテンツ(男性のみ)や排尿、排便の障害などもチェックされます。また、膝を伸ばしたまま下肢を上げるラセーグテストもしばしば用いられます。

椎間板ヘルニアによって圧迫を受けている坐骨神経の部分が引き伸ばされると、痛みが出ます。ハンマーのようなものを用いて腱の反射や筋力、あるいは知覚などをテストすることもあります。

熟練の医師が行えば、このような理学的な検査によって、ほぼ正確に部位までが分かる場合も多くあります。画像検査は初診時ばかりでなく、治療の合間に、そして手術前、手術後にもしばしば行われます。

レントゲンでは効果が無いという場合でも、MRIで明確になった部位の変化を捉えることによってある程度の診察は可能になります。

椎間板ヘルニアの診察時、あまりに痛みがあるという場合はMRIなども受けることが出来なくなることもあります。

このような場合はコルセットを装着して安静にし、とにかく痛みが緩和されるのを待つしかありません。やはり、椎間板ヘルニアの治療では早期の発見と早期の治療が大切になってきます。

中川式腰痛治療法