TOP » 名医について » 東京の方はこちらから

東京の名医をご紹介


椎間板ヘルニアになると、急性期には激痛が走り、慢性期は長引きます。また、仕事などで椎間板ヘルニアの治療が一向にはかどらないというケースでは、一度の処置で改善が出来るような方法はないものかと考える方が多いと思います。

この場合、椎間板ヘルニアで有名な医師はいないものか、と情報媒体を使って調べる方は多いことでしょう。椎間板ヘルニアの名医は、テレビや雑誌などでも頻繁に紹介されています。

そして、テレビでの露出が多いのは東京の方であることが多いですが、テレビに出るといっても、薬剤などの紹介でたまたま出演されていたという場合があります。

しかし、椎間板ヘルニアの名医として腰痛の特別番組などに出演されていたケースでは、かなり信頼出来る医師ではないかと思います。

東京都にある調布市の西島脊椎クリニックの西島雄一郎先生をご存知の方は多いのではないでしょうか。テレビ出演後、その後の予約状況は混雑を極め、患者にとって、診断を受けられることが出来たら、一生に一度の幸運とまで言われるようになりました。

待ち時間といわず、その予約の列の長さは、日数として計算すれば9年という長さになるそうで、9年であれば、おそらく症状は完治しているのではないか、と思われることでしょう。

しかし、廻ってきた順番はそれ以上に貴重なものとも思えます。また、椎間板ヘルニアがなくても腰痛の症状を診て貰いたいと患者さんも多いようです。

このような例を見た限りでは、有名な医師が多くいる病院をあたるというのも1つの方法です。東京であれば大きな大学病院などが多くあります。慶応義塾や東京医科歯科の付属などは大きいですし、脊椎の医師も多くいます。

その他にも大学病院ばかりでなく、多くの病院がありますので、通院の便なども考慮して、ある程度余裕をもって探すことも出来るかと思います。

1つの病院だけではなく、セカンドオピニオンのことも考えたうえで、2~3の候補を作って、椎間板ヘルニアの診断を受けてみるのもいいかもしれません。その上で、各診断の感触を比較することができます。

もし、東京で椎間板ヘルニアの名医を探す場合、今お伝えした西島医師もお薦めですが、当サイトがお薦めするのはある治療家の先生です。その先生の名前は中川卓爾先生です。

中川先生は愛知県の豊田市に治療院を構えていますが、関東圏内の患者を診るために月に2回、高田馬場にあるα接骨院の一室を借りて、治療を行っております。

中川先生は治療家でありながら、プロのスポーツトレーナーでもあり、元巨人軍の槙原投手や、プロゴルファーのジャンボ尾崎選手、宮里藍選手などを担当していた先生です。

また、阪神タイガースのトレーニングコーチを6年間勤めた経験もあり、まさにプロ中のプロのトレーナと言えます。その経験を活かし、現在では椎間板ヘルニアや腰痛で悩む多くの一般患者を診ています。

中川先生の治療院も西島医師の病院と一緒で、予約がなかなかとれないほど、全国から毎日患者さんが押し寄せています。ですが、平日であれば予約が取れる場合もあるそうなので、ぜひ、一度行かれることをお薦めしたいと思います。

中川式腰痛治療法