TOP » 名医について » 手術の名医はこちら

椎間板ヘルニア手術の名医をご紹介


世の中には多くの、名医と呼ばれる医師がいます。その中でも、ゴッドハンドや神の手、またはスーパードクターなどとまで称されるようなドクターであれば誰もが治療を受けたいと思うことでしょう。

日本におけるゴッドハンドの中で、内視鏡術のスペシャリスト、と呼ばれるのが帝京大学医学部附属溝口病院の出沢明ドクターです。

椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症では現在までに1,300件以上の実績を持ち、「腰痛患者が殺到!!驚異“神業”医師の最新内視鏡術に密着」という番組で紹介された医師です。

高倍率の接触型内視鏡開発による、腰椎椎間板ヘルニアと最小侵襲術で有名な方で、執刀時にはハイビスカス柄の帽子を被ることでも知られています。

また、内視鏡術の第一人者と呼ばれるのが、和歌山県立医科大学整形外科学教授の吉田宗人ドクターです。

通常であれば7センチもの傷が残り、長期の入院が必要となる椎間板ヘルニアが、吉田先生の内視鏡術によっては麻酔が引いた後でもすぐに歩くことが出来るようになるとのこと。

吉田先生は年間で200もの症例に対応されていて、県外からももちろん患者が殺到している状況のようです。内視鏡術ということもあり、早期の社会復帰をもくろんでらっしゃる方にとっては神の手そのものと言えるでしょう。

また、「腰痛119スペシャル 腰痛治療が変わる!内視鏡術の名医たち」、という番組で紹介されてらっしゃったのが、伊藤整形・内科クリニック(あいち腰痛オペセンター)院長の伊藤不二夫先生です。

このように呼ばれるだけあり、患者の体への負担も最小限にすることを念頭に置かれている先生ですので、高齢者の患者さんにとってもかなり有力視されているようです。

今、お伝えしただけでも椎間板ヘルニアの手術におけるスーパードクターはたくさんいます。しかし、いくら優れた意志と言えども、術後の再発率はかなり高いのが現状です。

椎間板ヘルニアの手術をしても再発してしまう理由は、「椎間板ヘルニアについて」ページに詳しく記載してあります。もし、まだご覧になられていないのであれば、まずは、そちらのページをご覧ください。

当サイトでは出来る限り、椎間板ヘルニアの手術はして欲しくないと思っています。何故ならば、一度は症状が和らいだとしても、再発して苦しんでいる方達を大勢見てきているからです。あなたにもその一人にはなって欲しくないのです。

椎間板ヘルニアで外科的治療をしなくても、腰の痛みや痺れを改善する方法はありますので、出来る限り、選択しないようにしてください。

中川式腰痛治療法