TOP » 名医について » 関西の方はこちらから

関西の名医をご紹介


椎間板ヘルニアの名医を探す場合、関西には多くの先生方が多くいらっしゃいますので、まずどのようにチェックしていけばいいのかと悩んでしまう方も多いでしょう。

ランキングを付けることが出来るようなデータが揃っていれば別ですが、いくらインターネットなどの情報源が多くあろうとも、その通りというわけにはなかなかいきません。

テレビで紹介された医師であれば、それだけ著名であるし、信頼性も高く見えるものですが、もし治療した患者さんの数が乏しかったらどうするでしょう?

選択を変えるという方も多いと思われます。関西といえば広いエリアですが、出来るだけ近い場所を優先していくという方法も有効でしょう。また思い切って大阪圏内など都市部に限定するという方法もあります。

例を上げれば、和歌山の脊椎で有名な医師として、県立医科大学附属病院紀北分院の川上守ドクターがいます。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症についてのテレビでも紹介されています。

また、脊柱管狭窄症の内視鏡手術の回数では全国の1割を占めるということですが、手術の予約だけでも三ヶ月は待たなければならないという状況のようです。

京都には、学研都市病院という新しい病院がありますが、こちらには脊椎脊髄センターで知られる、四方實彦医師がいます。

また技術力については評判が高く、こちらも全国から予約や診断希望が殺到しているとのことです。特に病院施設が素晴らしく、椎間板ヘルニアで大切な術後のリハビリについても期待が出来るでしょう。

この例の他にも大阪、兵庫などにも多くの優秀な医師がいます。関西方面だけでなく、全国から予約があるような病院であれば特に問題はないと言えるかもしれませんし、交通の弁が満足のいく範囲で、症状が変化するような不便がなければ、通院しても問題はないでしょう。

椎間板ヘルニアの慢性期を半ばにして治療方法を見直している方であれば、新しい病院の最新の設備などはリラックスするためにはより条件がよいのではないでしょうか。

中川式腰痛治療法